スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【小型プラグ】Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの修理【2015年3月30日】

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesについての修理報告です。

到着:03/30
修理完了:03/30(即日修理)
症状「左チャンネルの音が鳴らない。プラグ付近を曲げても音に反応が無い。」
修理内容「プラグ交換」
修理結果「修理成功。問題無し。」

今回は通常のプラグではなく、小型のプラグを採用しました。

オヤイデ電気 P-3.5G


iPhoneやAndroidスマートフォンにハードケースを装着している方に最適なプラグです。

交換用プラグは基本的に既存のプラグよりサイズが大きいので、ハードケースの径にゆとりが無い場合は干渉して使用できない可能性がございます。


こちらの交換用プラグ(画像・中央)は通常の交換用プラグ(画像・下)と異なり、ジャック部分とカバーの間に径の小さい一段のスペーサーがございます。

この径が通常のプラグ(画像・上)とほぼ同一のため、ケースとの干渉が起こりにくくなっています。

対して通常の交換用プラグは以下の画像の通りスペーサーが無いため、干渉する可能性がございます。

P-3.5G


iPhoneやAndroidを使用される方にはこちらのプラグをおすすめします。


こちらのプラグをご希望であれば入荷します。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。

修理

プラグを曲げても音に反応がありませんでした。

ケーブルを2cm程度の位置でカットし、交換用プラグを装着したところ、問題を解決することができました。

カバー内部はホットボンド、熱収縮チューブにより強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの断線の修理画像です。Mar 31 2015IMG_1044



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。
スポンサーサイト

【修理実績・報告】【L字プラグ】Song's audio製ケーブル・Galaxyの修理【2015年3月30日】

Song's audio製ケーブル・Galaxyについての修理報告です。

今回はL字プラグ(P-3.5GL)を採用しました。

こちらのプラグは新規入荷となり、また通常より作業時間が長くなりますので、修理費とは別に1500円の経費が生じます。

通常は予備も含めて入荷いたしますが、1500円以上の経費については当方で負担いたします。

到着:03/28
修理完了:03/30
症状「左チャンネルの音が鳴らない。プラグ付近を曲げると音が正常に鳴る。」
修理内容「プラグ交換」
修理結果「修理成功。問題無し。テスト用機器をお預かりしていないため、料金お支払い前にご返却、オーナー様ご自身に動作確認を行っていただきます。」

修理

プラグ付近を曲げる等の簡易検査の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。

カバー内部は熱収縮チューブ等により強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

Song's audio製ケーブル・Galaxyの断線の修理画像です。Mar 31 2015IMG_1035



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【小型プラグ】Etymotic Reseach製イヤホン・ER-6iの修理【2015年3月30日】

Etymotic Reseach製イヤホン・ER-6iについての修理報告です。

到着:03/28
修理完了:03/30
症状「左チャンネルの音が鳴らない。プラグ付近を曲げると音が正常に鳴る。ケーブル全体に強いクセがついている。」
修理内容「プラグ交換」
修理結果「修理成功。問題無し。」

今回は通常のプラグではなく、小型のプラグを採用しました。

オヤイデ電気 P-3.5G


iPhoneやAndroidスマートフォンにハードケースを装着している方に最適なプラグです。

交換用プラグは基本的に既存のプラグよりサイズが大きいので、ハードケースの径にゆとりが無い場合は干渉して使用できない可能性がございます。


こちらの交換用プラグ(画像・中央)は通常の交換用プラグ(画像・下)と異なり、ジャック部分とカバーの間に径の小さい一段のスペーサーがございます。

この径が通常のプラグ(画像・上)とほぼ同一のため、ケースとの干渉が起こりにくくなっています。

対して通常の交換用プラグは以下の画像の通りスペーサーが無いため、干渉する可能性がございます。

P-3.5G


iPhoneやAndroidを使用される方にはこちらのプラグをおすすめします。


こちらのプラグをご希望であれば入荷します。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。

修理

プラグ付近を曲げる等の簡易検査の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。

カバー内部は熱収縮チューブ等により強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

Etymotic Reseach製イヤホン・ER-6iの断線の修理画像です。Mar 31 2015IMG_1034



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【左右分岐点断線】Victor製イヤホン・HA-FX700の修理【2015年3月30日】

Victor製イヤホン・HA-FX700についての修理報告です。

こちらのイヤホンは左右分岐点(Y字部分)にて損傷、断線が確認できました。

左右分岐点の問題を解決するためには「断線箇所を切除し、線と線を再接続する」特殊修理が必要となります。

通常修理より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場1万円以上で変動、上限3,000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。

到着:03/27
修理完了:03/30
症状「左右分岐点で損傷、断線。左チャンネルの音が鳴らない。」
修理内容「左右分岐点の断線箇所切除と再接続」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

修理後

Victor製イヤホン・HA-FX700の左右分岐点の断線の修理画像です。Mar 31 2015IMG_1032

Victor製イヤホン・HA-FX700のY字分岐部分の断線の修理画像です。Mar 31 2015IMG_1033



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】NOBUNAGA Labs製ケーブル・TR-UE1 RECABLEの修理【2015年3月30日】

NOBUNAGA Labs製ケーブル・TR-UE1 RECABLEについての修理報告です。

今回は10pro用の交換ケーブルについての修理報告です。

こちらの製品はUltimateEarsのリケーブル対応イヤホン・「10pro」に使用できる交換用ケーブルとなります。

基本的に断線に対してケーブル交換で対応することを目的とした仕様ですが、こちらのケーブルそのものが高価な製品であることから、断線や損傷については修理を行うメリットがございます。

到着:03/27
修理完了:03/30
症状「プラグ角度によって音が途切れる。」
修理内容「プラグ交換」
修理結果「修理成功。問題無し。」

修理

プラグ付近を曲げる等の簡易検査の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。

カバー内部はホットボンド、熱収縮チューブにより強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

NOBUNAGA Labs製ケーブル・TR-UE1 RECABLEの断線の修理画像です。Mar 31 2015IMG_1031



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【小型プラグ】Marshall製イヤホン・minorの修理【2015年3月26日】

Marshall製イヤホン・minorについての修理報告です。

到着:03/26
修理完了:03/26(即日修理)
症状「音が正常に鳴らない。プラグ付近を曲げると正常に鳴る。」
修理内容「プラグ交換」
修理結果「修理成功。問題無し。」

今回は通常のプラグではなく、小型のプラグを採用しました。

オヤイデ電気 P-3.5G


iPhoneやAndroidスマートフォンにハードケースを装着している方に最適なプラグです。

交換用プラグは基本的に既存のプラグよりサイズが大きいので、ハードケースの径にゆとりが無い場合は干渉して使用できない可能性がございます。


こちらの交換用プラグ(画像・中央)は通常の交換用プラグ(画像・下)と異なり、ジャック部分とカバーの間に径の小さい一段のスペーサーがございます。

この径が通常のプラグ(画像・上)とほぼ同一のため、ケースとの干渉が起こりにくくなっています。

対して通常の交換用プラグは以下の画像の通りスペーサーが無いため、干渉する可能性がございます。

P-3.5G


iPhoneやAndroidを使用される方にはこちらのプラグをおすすめします。


こちらのプラグをご希望であれば入荷します。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。

修理後

プラグ付近を曲げる等の簡易検査の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。

カバー内部はホットボンド、熱収縮チューブにより強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

Marshall minorの断線の修理画像です。Mar 27 2015IMG_1016



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【ケーブル着脱式改造(ジャック内蔵)】SONY製ヘッドホン・MDR-ZX700の修理【2015年3月26日】

SONY製ヘッドホン・MDR-ZX700についての修理報告です。

プラグ付近断線ではなく、ヘッドホン本体付近/内部ケーブルの断線となります。

今回は断線の解決ではなく、ヘッドホン本体内部に「3.5mmステレオミニジャック」を内蔵する改造を修理と並行して実施しました。

3.5mmステレオミニジャックの埋め込みにより、こちらのヘッドホンは市販されている交換用ケーブルの使用が可能になります。

なおジャックについては筐体内部・外部から補強、固定しておりますが、ケーブルの抜き差しは極力控え、慎重に取り扱う必要がございます。

内部ケーブルについては全体交換ではなく部分的に交換しました。

ただ構造上、アーム付近で一部ケーブルを強く圧迫する部分がございます。

今回はこの位置での断線でしたが、同一箇所が再び断線する可能性がございます。

その場合は補強や迂回等、対策を検討いたします。

修理後の無償再修理保障期間は基本的3ヶ月間となりますが、こういった大規模な改造、ケーブル交換(リケーブル)修理といった場合は保障期間外でもオーナー様にご納得いただけるよう柔軟に対応させていただきます。

アーム部分の同一箇所断線を含めて、何か不具合が生じた場合はすみやかに使用を中止し、当方にご連絡ください。

到着:03/24
修理完了:03/26
症状「右チャンネルの音が鳴らない。本体付近で断線。左~右の内部ケーブル断線。」
修理内容「ステレオミニジャック内蔵(ケーブル着脱式に改造)、内部ケーブルの部分交換」
修理結果「修理成功。ただし構造的にアーム可動に伴い内部ケーブルが断線しやすい。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

SONY MDR-ZX700の分解後の画像です。Mar 27 2015IMG_0981

修理後

ケーブル交換に対応できるようジャックを内蔵する改造を施したMDR-ZX700の画像です。Mar 27 2015IMG_1011

ケーブル交換に対応できるようジャックを内蔵する改造を施したMDR-ZX700の画像です。Mar 27 2015IMG_1012

SONY製ヘッドホン・MDR-ZX700をケーブル着脱式に改造した画像です。Mar 27 2015IMG_1010

SONY製ヘッドホン・MDR-ZX700にステレオミニジャックを内蔵しケーブル着脱式に改造した画像です。Mar 27 2015IMG_1013

SONY製ヘッドホン・MDR-ZX700にステレオミニジャックを内蔵しケーブル着脱式に改造した画像です。Mar 27 2015IMG_1014

SONY製ヘッドホン・MDR-ZX700にステレオミニジャックを内蔵しケーブル着脱式に改造した画像です。Mar 27 2015IMG_1015



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【分解修理】Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの修理【2015年3月26日・3】

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesについての修理報告です。

今回は左チャンネル本体付近の位置で断線していました。

断線箇所は以上となりますが、右チャンネル本体付近についてもケーブルが強い折れ癖、硬化があり、ケーブル全体に劣化がございました。

このようなケースではリケーブル(ケーブル新品交換)修理が有効ですが、今回は「両チャンネル本体付近断線箇所の切除」と「プラグ付近劣化部位の切除」のみ実施しました。

本体分解を工程に含む特殊修理については通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場5,000円以上で変動、上限3000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。


また今回お預かりしたA8はプラグ部分が交換済みの状態でした。

通電はしているものの、内部の状態を確認すると耐久性に不安がございましたので、一度プラグ部分を分解、洗浄し、ケーブルの劣化部位を取り除いた状態で再度プラグを装着しました。

到着:03/02(回答待ち期間あり)
修理完了:03/26
症状「左チャンネルの音が鳴らない。本体付近で断線。ケーブル全体的に硬化、劣化。」
修理内容「分解(殻割り)修理、プラグ交換のやり直し(プラグの分解と洗浄)」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

Bang & Olufsen製イヤホン・A8の分解後の画像です。Mar 27 2015IMG_1007

修理後

Bang & Olufsen製イヤホン・A8の断線の分解修理後の画像です。Mar 27 2015IMG_1008

Bang & Olufsen A8の断線の分解修理後の画像です。Mar 27 2015IMG_1009



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【小型プラグ】Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの修理【2015年3月26日・2】

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesについての修理報告です。

到着:01/14(※オーナー様ご都合により一時保留。)
修理完了:03/26
症状「現状で問題無し。小型プラグへの交換希望。」
修理内容「プラグ交換」
修理結果「修理成功。問題無し。」

今回は通常のプラグではなく、小型のプラグを採用しました。

オヤイデ電気 P-3.5G


iPhoneやAndroidスマートフォンにハードケースを装着している方に最適なプラグです。

交換用プラグは基本的に既存のプラグよりサイズが大きいので、ハードケースの径にゆとりが無い場合は干渉して使用できない可能性がございます。


こちらの交換用プラグ(画像・中央)は通常の交換用プラグ(画像・下)と異なり、ジャック部分とカバーの間に径の小さい一段のスペーサーがございます。

この径が通常のプラグ(画像・上)とほぼ同一のため、ケースとの干渉が起こりにくくなっています。

対して通常の交換用プラグは以下の画像の通りスペーサーが無いため、干渉する可能性がございます。

P-3.5G


iPhoneやAndroidを使用される方にはこちらのプラグをおすすめします。


こちらのプラグをご希望であれば入荷します。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。

修理後

現状で断線はしていないものの、小型プラグへの交換希望のため、ケーブルの劣化部位を取り除いてからプラグを交換しました。

カバー内部は熱収縮チューブ等により強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

Bang & Olufsen製イヤホン・A8の断線の修理画像です。Mar 27 2015IMG_1006



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【分解修理】Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの修理【2015年3月26日・1】

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesについての修理報告です。

今回は本体付近の位置で被膜破れ、損傷、断線していました。

本体付近断線については、本体分解を工程に含む特殊修理扱いとなります。

こちらの修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場5,000円以上で変動、上限3000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。

また今回お預かりしたA8はプラグ部分が交換済みの状態でした。

通電はしているものの、内部の状態を確認すると耐久性に不安がございましたので、一度プラグ部分を分解、洗浄し、ケーブルの劣化部位を取り除いた状態で再度プラグを装着しました。

到着:01/14(※オーナー様ご都合により一時保留。)
修理完了:03/26
症状「左チャンネルの本体付近で被膜破れ。右チャンネル本体付近も深刻な劣化あり。」
修理内容「分解(殻割り)修理、交換済みプラグの分解・洗浄・やり直し、破損したブッシュの除去と熱収縮チューブによる代用」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの分解画像です。Mar 27 2015IMG_1003

修理後

B&O A8の分解、殻割り修理後の画像です。Mar 27 2015IMG_1004

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの分解、プラグ交換修理後の画像です。Mar 27 2015IMG_1005

プラグ内部は熱収縮チューブ等により強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

また本体付近のブッシュが劣化、破損し、再利用できない状態でした。

こちらは熱収縮チューブにより代用しております。




-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【左右分岐点断線】SONY製イヤホン・MDR-XB70の修理【2015年3月25日】

SONY製イヤホン・MDR-XB70についての修理報告です。

左右分岐点でケーブルが切断された状態でお預かりいたしました。

損傷箇所を切除し、ケーブルの通電検査を行ったところ正常に動作することを確認しました。

左右分岐点の断線の場合、断線箇所を切除してからケーブルの両端を再接続、絶縁・固定後、熱収縮チューブで被膜する手法で問題の解決が可能です。

こちらは特殊修理扱いとなります。

通常修理より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場1万円以上で変動、上限3,000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。

到着:03/21
修理完了:03/24
症状「左右分岐点でケーブル切断済み」
修理内容「左右分岐点の断線箇所切除と再接続」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

修理後

SONY MDR-XB70の左右分岐点の断線箇所の切除と再接続修理後の画像です。Mar 24 2015IMG_0975



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【ドライバユニット交換】AKG製ヘッドホン・Q701の修理【2015年3月25日】

AKG製ヘッドホン・Q701についての修理報告です。

こちらはミニXLR規格のケーブル交換に対応した機種となります。

内部ケーブル断線の可能性から分解検査を実施したところ、ケーブルに問題は無く、ドライバユニット自体が通電しない異常を確認しました。

ドライバユニット異常の場合は修理不可となりますが、今回はオーナー様のご希望により「ドライバユニットの交換」を行いました。

ドライバユニットは基本的にパーツとして流通しておりません。

今回採用したドライバユニットはSONY製のMDR-CD900ST等に採用されているドライバとなります。こちらは保守用パーツとして単体で流通しています。

ドライバユニットを交換すると、音は全くの別物になります。

ただヘッドホンの装着感や外見、ケーブル着脱機能自体は変化しないため、こういった要素に価値を見ているケースでは有効な手法です。

到着:02/25(回答待ち、パーツ入荷待ち)
修理完了:03/24
症状「右チャンネルの音が鳴らない。」
修理内容「完全分解、ドライバユニット交換、内部ケーブルの交換」
修理結果「ドライバユニットを交換しているため音は全く別物となります。料金お支払い前にご返却させていただきますので、オーナー様ご自身に音をご確認いただき、ご納得いただけない場合は料金を一切いただきません。」

分解後

AKG Q701の分解画像です。Mar 24 2015IMG_0990

修理後

AKG Q701のドライバユニット交換後の修理画像です。Mar 24 2015IMG_0991

AKG Q701のドライバユニット交換後の修理画像です。Mar 24 2015IMG_0992

AKG Q701のドライバユニット交換後の修理画像です。Mar 24 2015IMG_0993



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【分解・MMCXジャック交換】SHURE製イヤホン・SE315の修理【2015年3月25日】

シュア製イヤホン・SE315(MMCX規格ケーブル着脱式)についての修理報告です。

こちらの機種はケーブル着脱式となります。MMCX規格の交換用ケーブルが使用可能です。

今回はケーブルの断線等ではなく、SE315本体のMMCXジャックが歪み、摩耗、ピンのズレ等の問題により音が途切れる異常が確認できました。

SE315本体を分解し、MMCXジャックを新品に交換しました。(内部断線であれば新品交換は必要ございません。予防的に実施することも可能です。)

SE315の分解については筐体プラスチックの劣化状態によって難度が大きく異なります。

今回は比較的良好な状態だったため、プラスチックが割れる等の破損無く分解とMMCXジャック交換が完了しました。

到着:02/05(一部回答待ち)
修理完了:03/24
症状「右チャンネルのMMXCコネクタ付近で断線。」
修理内容「分解(殻割り)、MMCXジャックの新品交換」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

SHURE SE315の分解画像です。Mar 25 2015IMG_0945

修理後

SHURE SE315用の交換MMCX規格ケーブルのコネクタ部分断線の修理後の画像です。Mar 24 2015IMG_0994

SHURE SE315の分解、MMCXジャック交換修理後の画像です。Mar 24 2015IMG_0995

SHURE SE315の分解、MMCXジャック交換修理後の画像です。Mar 24 2015IMG_0996

SHURE SE315の分解、MMCXジャック交換修理後の画像です。Mar 24 2015IMG_0997

なお今回はお預かりしたMMCX規格の交換用ケーブルのMMCXコネクタ付近についても断線が確認できました。

こちらも問題の解決を行いました。

MMCXコネクタは新品交換せず流用し、問題箇所の切除と再構築、固定、被膜を行いました。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【4極プラグ採用(リモコン/マイク機能維持)】Bang & Olufsen製イヤホン・Earset 3iの修理【2015年3月23日】

Bang & Olufsen製イヤホン・Earset 3iについての修理報告です。

こちらの機種はオーディオコントロール(リモコン)、マイクといった追加機能を持ったイヤホンとなります。

iPhoneやAndroidスマートフォン、ウォークマン等のMP3プレーヤーでの使用に適したイヤホンですが、通常のプラグと規格が異なるため、通常のステレオミニプラグに交換するとこれらの機能は失われます。

これら追加機能を維持するためには「4極プラグ」という特殊なプラグの採用が必要となります。


4極プラグの採用についてもご希望の場合は対応可能です。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(作業に時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。


到着:03/21
修理完了:03/23
症状「プラグ付近(GND)断線。リモコンは機能する。」
修理内容「プラグ交換(※カバー部分は穴径6mm用に変更)」
修理結果「修理成功。問題無し。」

プラグ付近を曲げる等の簡易検査の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。

カバー内部は熱収縮チューブ等により強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

Bang & Olufsen製イヤホン・Earset 3iの断線の修理画像です。Mar 23 2015IMG_0973

P-3.5/4Gは穴径4mmとなりますが、今回はカバー部分のみ6mmに差し替えています。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【分解修理】オーディオテクニカ製イヤホン・ATH-CK100PROの修理【2015年3月23日】

オーディオテクニカ製イヤホン・ATH-CK100PROについての修理報告です。

今回はプラグ付近の断線ではなく、本体付近、本体内部の位置で断線していました。

本体付近断線については、本体分解を工程に含む特殊修理扱いとなります。

こちらの修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場5,000円以上で変動、上限3000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。

到着:03/19
修理完了:03/23
症状「左チャンネル本体付近、内部断線。」
修理内容「本体分解、内部断線の解決、補修・補強」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

オーディオテクニカ・ATH-CK100PROの分解後の画像です。Mar 23 2015IMG_0951

オーディオテクニカ・ATH-CK100PROのMMCXコネクタ部分の画像です。Mar 23 2015IMG_0952

オーディオテクニカ・ATH-CK100PROの分解画像です。Mar 23 2015IMG_0953

オーディオテクニカ・ATH-CK100PROの分解後の画像です。Mar 23 2015IMG_0954

アーム部分の断線とイヤホン本体側の内部断線が問題の原因でした。

修理後

オーディオテクニカ・ATH-CK100PROの分解修理後の画像です。Mar 23 2015IMG_0969

オーディオテクニカ・ATH-CK100PROの内部断線の修理後の画像です。Mar 23 2015IMG_0970

オーディオテクニカ・ATH-CK100PROの殻割り修理後の画像です。Mar 23 2015IMG_0971


アーム部分については断線箇所を切除し再構築及び補強、内部断線についても断線箇所の切除と再接続、補強を実施しました。

問題は解決できましたが、耐久性の点で不安がございます。

可能な限り修理箇所については動かしたり、負荷をかけないよう注意してご使用いただければ幸いです。

なお保証期間外であっても修理箇所の不具合については柔軟に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【リケーブル修理】SONY製ヘッドホン・MDR-W25の修理【2015年3月23日】

ソニー製ヘッドホン・MDR-W25についての修理報告です。

今回はプラグ付近の断線ではなく、本体付近を含む複数箇所で断線、またケーブル全体が劣化・硬化していました。

このようなケースでは「リケーブル(ケーブル交換)」修理が有効です。

こちらは「本体分解」を行った後に、ケーブル自体を新品に交換する修理となります。

リケーブル修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円〜。相場5,000円以上で変動)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)とケーブル代(1000円)がかかります。

到着:03/18
修理完了:03/23
症状「左チャンネルの音が鳴らない。ケーブル全体的に劣化。」
修理内容「リケーブル(ケーブル新品交換)修理」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

SONYヘッドホン・MDR-W25の分解画像です。Mar 23 2015IMG_0968

今回はアーム部分のみ分解し、完全には分解しておりません。

筐体は全体的に良い状態ですが、ドライバユニット周囲のプラスチックについては劣化が認められました。

こちらの機種は分解時の破損リスクが高いこともあり、今回はアーム部分のみ分解、既存のケーブルについては劣化部位を含め大部分を切除しておりますが、ドライバに接続された内部ケーブルのみ流用し、アーム内部で新品のケーブルを接続しています。

既存の線材が残るため完全な形のリケーブルではございませんが、耐久性の点では効果的なリフレッシュが達成されています。


修理後

SONYのヘッドホン・MDR-W25のリケーブル修理(ケーブル新品交換)後の画像です。Mar 23 2015IMG_0976

SONYのヘッドホン・MDR-W25のケーブル新品交換後の修理画像です。Mar 23 2015IMG_0977

SONYのヘッドホン・MDR-W25のケーブル新品交換修理の画像です。Mar 23 2015IMG_0978

リケーブルのような大規模な修理では保障期間後の不具合についても柔軟に対応しております。

再修理やメンテナンスの実施を想定して処理しておりますので、その際はお気軽にご相談ください。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【小型プラグ】Etymotic Reseach製イヤホン・ER-6iの修理【2015年3月23日】

Etymotic Reseach製イヤホン・ER-6iについての修理報告です。

到着:03/21
修理完了:03/23
症状「片側の音がプラグ付近の角度によって途切れる。」
修理内容「プラグ交換」
修理結果「修理成功。問題無し。」

今回は通常のプラグではなく、小型のプラグを採用しました。

オヤイデ電気 P-3.5G


iPhoneやAndroidスマートフォンにハードケースを装着している方に最適なプラグです。

交換用プラグは基本的に既存のプラグよりサイズが大きいので、ハードケースの径にゆとりが無い場合は干渉して使用できない可能性がございます。


こちらの交換用プラグ(画像・中央)は通常の交換用プラグ(画像・下)と異なり、ジャック部分とカバーの間に径の小さい一段のスペーサーがございます。

この径が通常のプラグ(画像・上)とほぼ同一のため、ケースとの干渉が起こりにくくなっています。

対して通常の交換用プラグは以下の画像の通りスペーサーが無いため、干渉する可能性がございます。

P-3.5G


iPhoneやAndroidを使用される方にはこちらのプラグをおすすめします。


こちらのプラグをご希望であれば入荷します。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。

修理

プラグ付近を曲げる等の簡易検査の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。

カバー内部は熱収縮チューブ等により強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

ER-6iの断線の修理画像です。Mar 23 2015IMG_0972




-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【ジャック交換】AKG K702用交換ケーブル(ミニXLR規格)の改造【2015年3月19日】

AKG K702用の交換ケーブル(ミニXLR規格)をお預かりいたしました。

断線等はございません。今回は修理のご依頼ではなく、ジャック交換をご希望でした。

K702に接続するミニXLRコネクタを安全に分解、取り外し、フォーンジャックへ交換する作業内容です。

このような作業のメリットとしては、例えば不要な交換用ケーブルを延長ケーブルとして再利用することが可能です。

なお取り外したミニXLRは洗浄後、密閉して保管しております。

おすすめはしませんが、再度こちらのコネクタを流用してミニXLR規格のK702用交換ケーブルに戻すことも可能です。

到着:03/19
修理完了:03/19(即日修理)
症状「改造希望。ミニXLRコネクタの分解、取り外し後、フォーンジャックへ交換」
修理内容「ジャック交換」
修理結果「動作テスト良好。問題無し。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

ミニXLRを分解、取り外しました。

なおこの段階でピンアサインも記録しております。

フォーンジャックのカバー内部はホットボンド、熱収縮チューブにより強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

Mar 20 2015IMG_0958

ロック

Mar 20 2015IMG_0956

ケーブルを赤いスライダーによりロック可能です。こちらがロックした状態です。

ロック解除

Mar 20 2015IMG_0957

スライダーを下げるとロックが解除された状態になります。

ご依頼いただいたオーナー様のご説明ではロックが非常に固いとご説明いただいておりましたが、スライダー部分を分解したところ内部のバネが少し歪んでいました。

こちらを修正したところ、ロック・ロック解除はスムースな動作に改善されました。

ケーブルもロック解除後は簡単に抜き差し可能です。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【ケーブル途中断線】SONY製イヤホン・MDR-EX650の修理【2015年3月19日】

SONY製イヤホン・MDR-EX650についての修理報告です。

今回お預かりいたしましたMDR-EX650はプラグ付近や左右分岐点といった比較的断線しやすい箇所の問題ではなく、プラグから40cm程度の位置でケーブルの被膜が破れ、折れていました。

この損傷箇所でケーブルを切断し、交換用プラグを装着することも可能ですが、こちらの手法ですと今回は40cm程度短縮する結果となってしまうため使用感が悪化します。

今回は断線、損傷箇所のみを切除し、ケーブルの再接続する特殊修理を実施しました。

こちらであればケーブルの短縮範囲は最小限に留めることが可能です。

またプラグの交換も必要ございません。

特殊修理については通常修理より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場1万円以上で変動、上限3,000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。

到着:03/19
修理完了:03/19(即日修理)
症状「左チャンネルの音が鳴らない。ケーブル40cm程度の位置で断線。」
修理内容「断線箇所の切除と再接続」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

修理後

ソニーのイヤホン・MDR-EX650の断線箇所のみの切除を行う修理後の画像です。Mar 20 2015IMG_0949

SONY MDR-EX650の断線の修理画像です。断線箇所を取り除いています。Mar 20 2015IMG_0950

切除範囲は最小限に留めています。

もし修理箇所の周辺を曲げる、圧迫する等で音が途切れる不具合が生じた場合、すみやかに当方にご連絡ください。

ケーブルが広い範囲で劣化し、問題箇所を切除し切れていない可能性がございます。

なお無償再修理の保障期間は3ヶ月程度となっておりますが、以降の修理箇所不具合についても柔軟に対応いたします。

有償再修理の場合でも料金は初回修理より大幅にお値引きさせていただきます。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【非分解リケーブル】SONY製イヤホン・MDR-EX90SLの修理【2015年3月18日】

ソニー製イヤホン・MDR-EX90SLについての修理報告です。

今回は右側ケーブル、本体付近に断線箇所がございました。

またケーブルが全体的に劣化しているため、オーナー様にケーブル交換(リケーブル)のご希望をいただきました。

ケーブル交換は基本的にイヤホン本体を分解し、既存の線材を全て除去、交換する作業が必要となりますが、こちらの機種は構造的に安全な分解が難しいため、今回はイヤホン本体付近でケーブルを切断し、新品のケーブルを接続する手法を採用しました。

分解を行わないため破損リスクが非常に小さい手法となります。

ただし既存の線材が一部残り、また接点も増える関係から完全な「リケーブル」ではございません。

音の変化を目的としたカスタマイズではなく、あくまでケーブル全体のリフレッシュによる耐久性、使用感の改善を目的とした修理となります。

到着:03/14
修理完了:03/18
症状「右チャンネル側ケーブルに断線箇所あり。」
修理内容「非分解リケーブル」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

修理後

SONYのイヤホン・MDR-EX90SLのケーブル新品交換(リケーブル)後の修理画像です。Mar 19 2015IMG_0946

断線したSONYのイヤホン・MDR-EX90SLのケーブル新品交換(リケーブル)後の修理画像です。Mar 19 2015IMG_0947

今回は灰色のケーブルをご希望いただきましたが、赤、白、黒色等も採用可能です。

またイヤホン本体〜左右分岐点のケーブルは細い一芯ケーブルを各2本ツイストし、使用しました。

取り回し、耐久性に優れ、長く使用できるものと考えます。

なおリケーブルのような大規模な修理、カスタマイズについては修理後の不具合が生じた際はお気軽にご相談ください。

無償での再修理保証期間は3ヶ月程度となりますが、その後の不具合についても状態を確認し、多くのケースでは初回修理よりも非常に安価な価格にて再修理可能です。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【リケーブル(内部)】SONY製ヘッドホン・MDR-CD900STの修理【2015年3月17日】

ソニー製ヘッドホン・MDR-CD900STについての修理報告です。

今回はプラグ付近の他に、左チャンネルから右チャンネルへ、本体内部を通るケーブルについても断線がございました。

内部ケーブルはアジャスターの使用やアーム部分の可動により非常に大きな負荷がかかります。

また既存のケーブルは細く、それほど耐久性が高くないため断線しやすいです。

今回はヘッドホンのアーム部分を含めた完全分解を行い、内部ケーブルの交換と、分解したパーツを全て洗浄しました。

到着:03/06
修理完了:03/17
症状「右チャンネルの音が鳴らない。プラグ付近に損傷箇所あり。」
修理内容「分解修理、内部ケーブル交換、内部メンテナンス・洗浄」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

MDR-CD900STやMDR-7506は保守用部品も多く存在し、メンテナンス性が非常に高いヘッドホンです。

分解も想定されていることから作業性は良好です。

ドライバユニットも新品交換可能なため、長く使える実用的な高級ヘッドホンという意味では最も良い選択肢の一つと考えます。

アーム部分の分解

Mar 17 2015IMG_0939

両チャンネル共にこの位置の断線と考えます。損傷を確認しました。

修理後

SONY製ヘッドホン・MDR-CD900STの内部ケーブルの断線を新品ケーブル交換で修理した画像です。Mar 17 2015IMG_0940

SONY MDR-CD900STの内部断線を分解とケーブル交換による修理画像です。Mar 17 2015IMG_0941

SONY製ヘッドホン・MDR-CD900STのの断線の修理画像です。Mar 17 2015IMG_0942

こちらのヘッドホンについてはケーブルの全交換(リケーブル)等も可能です。

二回目以降の同一個体のご依頼について料金面についても個別に対応可能ですので、不具合やカスタマイズについてはお気軽にご相談ください。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【リケーブル修理】Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの修理【2015年3月17日】

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesについての修理報告です。

ケーブル全体に劣化、硬化している状態のA8をお預かりいたしました。

部分的な断線を個別に解決することも可能ですが、このような全体的なケーブル劣化のケースでは「リケーブル(ケーブル交換)」修理が効果的です。

リケーブル修理では「殻割り(本体分解)」後、ケーブルを新品のオーディオ用線材に交換します。

なおリケーブル修理は特殊修理扱いとなります。

通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円〜。相場5,000円以上で変動)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)とケーブル代(1000円)がかかります。

到着:03/05
修理完了:03/17
症状「ケーブル全体的に硬化、劣化。」
修理内容「リケーブル修理」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

B&O A8の分解画像です。Mar 17 2015IMG_0917

分解後、筐体内部については洗浄を実施しました。

A8の分解は比較的安全に行うことが可能ですが、アーム部分に新品ケーブルを通す作業については時間がかかります。

また使用する線材の外径と柔軟性によっては採用できない場合がございます。

修理後

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesのリケーブル修理後の画像です。Mar 17 2015IMG_0919

Bang & Olufsen製イヤホン・A8 Earphonesの分解、ケーブル新品交換修理後の画像です。Mar 17 2015IMG_0920

ケーブル交換後のA8の修理画像です。Mar 17 2015IMG_0921

A8のリケーブル修理に用いたケーブルの画像です。左右分岐点以前はツイスト処理しています。Mar 17 2015IMG_0922

今回採用した黒色のケーブルは当方のA8リケーブル修理では初めて用いた線材となりますが、非常に柔軟で取り回しがよく、また工夫が必要となりますがA8の細い筐体を通るため、非常に良い選択肢と考えます。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【ケーブル短縮】SONY製ヘッドホン・MDR-XD100の修理【2015年3月14日】

今回は修理ではなく、ソニー製ヘッドホン・MDR-XD100のケーブル短縮のご希望です。

ケーブル短縮についてはプラグ交換修理と全く同じ作業にて対応可能です。

ケーブルを任意の位置で切断し、交換用プラグを取り付けます。

到着:03/14
修理完了:03/14(即日修理)
症状「ケーブル短縮希望」
修理内容「プラグ交換(ケーブル短縮目的)」
修理結果「修理成功。問題無し。」

ケーブルの切断をご希望の位置でマークをつけた状態で受領、この位置に交換用プラグを装着しました。

カバー内部はホットボンド、熱収縮チューブにより強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

SONYのヘッドホン・MDR-XD100のケーブル短縮後の画像です。Mar 15 2015IMG_0923

SONYのヘッドホン・MDR-XD100のケーブル短縮後の画像です。Mar 15 2015IMG_0924



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】JVC製イヤホン・機種不明の修理【2015年3月14日】

JVC製イヤホン・機種不明についての修理報告です。

今回はプラグ付近の断線ではなく、本体付近の位置で断線していました。

本体付近断線については、本体分解を工程に含む特殊修理扱いとなります。

こちらの修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場5,000円以上で変動、上限3000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。

到着:03/03
修理完了:03/14
症状「右チャンネルの音が鳴らない。プラグ付近を曲げても音に反応が無い。」
修理内容「プラグ交換、左右分岐点の再接続、分解(殻割り)修理」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

JVCのイヤホンの分解画像です。Mar 15 2015IMG_0851

修理後

JVC・型番不明のイヤホンの断線の修理画像です。Mar 15 2015IMG_0914

JVC・型番不明のイヤホンの分解修理画像です。Mar 15 2015IMG_0915

JVC・型番不明のイヤホンの分解修理画像です。Mar 15 2015IMG_0916




-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【分解】オーディオテクニカ製イヤホン・ATH-CKS90の修理【2015年3月14日】

オーディオテクニカ製イヤホン・ATH-CKS90についての修理報告です。

到着:02/28
修理完了:03/12
症状「両チャンネルともに音が正常に鳴る。問題は確認できないが、オーナー様説明では音が途切れることがある。本体付近、内部にも断線箇所あり。」
修理内容「分解(殻割り)修理、プラグ交換」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

今回は通常のプラグではなく、小型のプラグを採用しました。

オヤイデ電気 P-3.5G


iPhoneやAndroidスマートフォンにハードケースを装着している方に最適なプラグです。

交換用プラグは基本的に既存のプラグよりサイズが大きいので、ハードケースの径にゆとりが無い場合は干渉して使用できない可能性がございます。


こちらの交換用プラグ(画像・中央)は通常の交換用プラグ(画像・下)と異なり、ジャック部分とカバーの間に径の小さい一段のスペーサーがございます。

この径が通常のプラグ(画像・上)とほぼ同一のため、ケースとの干渉が起こりにくくなっています。

対して通常の交換用プラグは以下の画像の通りスペーサーが無いため、干渉する可能性がございます。

P-3.5G


iPhoneやAndroidを使用される方にはこちらのプラグをおすすめします。


こちらのプラグをご希望であれば入荷します。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。


分解後

ATH-CKS90の分解画像です。Mar 15 2015IMG_0901

修理後

断線したATH-CKS90の修理後の画像です。Mar 15 2015IMG_0902

内部断線、本体付近断線のATH-CKS90の分解(殻割り)修理後の画像です。Mar 15 2015IMG_0903




-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【分解】DENON製イヤホン・AH-C710の修理【2015年3月14日】

デノン製イヤホン・AH-C710についての修理報告です。

今回はプラグ付近の断線ではなく、左右分岐点、本体付近の位置で断線していました。

本体付近断線については、本体分解を工程に含む特殊修理扱いとなります。

こちらの修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円。相場5,000円以上で変動、上限3000円)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)がかかります。


到着:03/02
修理完了:03/14
症状「プラグ切断済み。」
修理内容「プラグ交換、分解(殻割り)修理、左右分岐点の再接続修理」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

DENON製イヤホン・AH-C710の分解画像です。Mar 15 2015IMG_0909

修理後

デノン・AH-C710の分解(殻割り)修理後の画像です。Mar 15 2015IMG_0910



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【非分解リケーブル】SHURE製イヤホン・E2cの修理【2015年3月14日】

シュア製イヤホン・E2cについての修理報告です。

今回はプラグ付近の断線ではなく、本体付近に断線、損傷箇所がございました。

また全体的にケーブルが硬化しており、劣化が進行している状態でした。

このようなケースでは「リケーブル(ケーブル交換)」修理が有効です。

リケーブルはケーブル自体を新品に交換する修理手法となります。

通常は筐体の分解を行いますが、ヘッドホンと異なりイヤホンの場合は分解時の破損リスクが高いです。

特にE2cについては分解リスクが高いと判断し、今回は分解を行わず本体に極めて近い位置でケーブルを切断、新品ケーブルを接続する非分解の手法を採用しました。

既存の線材が残っており、接点も増えることから厳密にはリケーブルではございませんが、ケーブル全体をリフレッシュし使用可能な状態に改善する目的は達成されます。

リケーブル修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円〜。相場5,000円以上で変動)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)とケーブル代(1000円)がかかります。

到着:02/24
修理完了:03/14
症状「右チャンネル側ケーブルの断線。ケーブル全体的に硬化、劣化している。」
修理内容「非分解リケーブル」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

修理後

断線したSHURE E2cのケーブル交換(リケーブル)後の修理画像です。Mar 15 2015IMG_0912

SHURE E2cのケーブル交換(リケーブル)による断線修理画像です。Mar 15 2015IMG_0913

本体付近の接点は強く固定しているため、外見的な変化が大きいです。

オーナー様にご確認いただく要素は音質の他に、装着感と外見も含まれるため、使用上の問題になる要素は再修理の扱いで修正させていただきます。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【ステム洗浄】Logicool(Ultimate Ears)製イヤホン・Super Fi. 5proの修理【2015年3月14日】

Logicool(Ultimate Ears)製イヤホン・Super Fi. 5proについての修理報告です。

到着:02/24
修理完了:03/14
症状「左チャンネルの音が正常に鳴らない(音量の低下)」
修理内容「ステム(ノズル)部分の洗浄」
修理結果「音量低下の問題は解決。洗浄後は問題の再発は確認されなかったが、オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

洗浄後

(撮影後、掲載予定)

こちらはオーナー様に内部断線の可能性をご説明いただいておりました。

ただ音が途切れる等の問題は動作テストにおいて確認できないため、長く修理方法を検討しておりましたが、今回は破損リスクの大きい分解を回避しステム部分の洗浄のみ実施しました。

以降の動作テストでは問題無いため恐らく解決できたものと考えますが、今回は料金お支払い前に修理済イヤホンをオーナー様にご返却させていただきます。

オーナー様ご自身に動作をご確認いただき、問題無く使用できることをご確認いただいてから、料金お支払いについてご検討いただきます。

また今回は分解修理を行う予定でしたが、結果的に洗浄のみ実施となりましたので、料金については大幅に下方修正させていただきます。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【小型プラグ】SHURE製イヤホン・SE310の修理【2015年3月14日】

シュア製イヤホン・SE310についての修理報告です。

到着:03/09
修理完了:03/11
症状「左チャンネルの音が鳴らない。プラグ付近を曲げると音が正常に鳴る。一時的に右チャンネルの音量低下を確認。」
修理内容「プラグ交換、イヤホン本体・ステム部分の洗浄」
修理結果「修理成功。音量低下の問題は洗浄により解決できたものの、念のためオーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質について問題が無いかご確認いただいてから料金お支払いについてご検討いただきます。」

今回は通常のプラグではなく、小型のプラグを採用しました。

オヤイデ電気 P-3.5G


iPhoneやAndroidスマートフォンにハードケースを装着している方に最適なプラグです。

交換用プラグは基本的に既存のプラグよりサイズが大きいので、ハードケースの径にゆとりが無い場合は干渉して使用できない可能性がございます。


こちらの交換用プラグ(画像・中央)は通常の交換用プラグ(画像・下)と異なり、ジャック部分とカバーの間に径の小さい一段のスペーサーがございます。

この径が通常のプラグ(画像・上)とほぼ同一のため、ケースとの干渉が起こりにくくなっています。

対して通常の交換用プラグは以下の画像の通りスペーサーが無いため、干渉する可能性がございます。

P-3.5G


iPhoneやAndroidを使用される方にはこちらのプラグをおすすめします。


こちらのプラグをご希望であれば入荷します。

追加費用はプラグ代・諸入荷手数料・プラグの取り付け費用(時間のかかる構造のため)を合計して1,500円となります。

修理

プラグ付近を曲げる等の簡易検査の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。

カバー内部はホットボンド、熱収縮チューブにより強く固定しました。

テストでも特に問題は確認できず、無事修理が完了しました。

修理後

SHUREのいやほn・SE310の断線の修理画像です。Mar 15 2015IMG_0897

今回は右チャンネルについて音量低下の問題を確認しました。

ステム部分を洗浄したところ、こちらの問題は解消されました。

洗浄については特に追加料金等はございません。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

【修理実績・報告】【リケーブル】Westone製イヤホン・westone4の修理【2015年3月14日】

Westone製イヤホン・westone4についての修理報告です。

今回はプラグ付近の断線ではなく、本体付近に断線箇所がございました。

またケーブルが全体的に劣化しており、このようなケースでは「リケーブル(ケーブル交換)」修理が有効です。

こちらは「殻割り(本体分解)」を行った後に、ケーブル自体を新品に交換する修理となります。

リケーブル修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円〜。相場5,000円以上で変動)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)とケーブル代(1000円)がかかります。


到着:02/25
修理完了:03/14
症状「右チャンネル本体付近で断線。」
修理内容「リケーブル」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質(特に抵抗を切除している影響、変化について)、外見等問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

分解後

Westone westone4の分解画像です。Mar 15 2015IMG_0900

修理後

断線したWestone westone4のケーブル新品交換(リケーブル)修理後の画像です。Mar 15 2015IMG_0904

Westone westone4の断線をリケーブル修理により解決した画像です。Mar 15 2015IMG_0905

Westone westone4のリケーブル後の画像です。Mar 15 2015IMG_0906

断線したwestone4のリケーブル修理後の画像です。Mar 15 2015IMG_0907

断線したwestone4のリケーブル修理後の画像です。Mar 15 2015IMG_0908

westone3、westone4については多数のリケーブル修理実績がございますが、黒色のケーブルは今回が初の採用となります。

こちらのケーブルは非常に柔軟であり、ツイストするとwestone4(westone3)のケーブルに外見的にも近くなるため、おすすめの線材です。



-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。
プロフィール

伝力通信

Author:伝力通信
イヤホンの断線修理をやっています!現在、500円~承っております。Yahooオークションに出品しているので、「断線修理」で検索しご落札ください。金髪娘のサムネイルが目印です。

メールアドレスはこちら→ rep@dentwo.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。