FC2ブログ

【非分解ケーブル交換】HiFiMAN製イヤホン・RE-600の修理【2015年7月10日】

HiFiMAN製イヤホン・RE-600についての修理報告です。

今回はイヤホン本体付近に損傷箇所があった他、ケーブル全体的に劣化していることから、オーナー様のご希望により「ケーブルの新品交換」を実施しました。

一般的なケーブル交換=リケーブル修理はイヤホン本体を分解し、既存のケーブルを全て取り除き、新品ケーブルを接続します。

ただヘッドホンと異なりイヤホンの場合は分解時の破損リスクが高いです。

特にこちらの機種については分解リスクが高いと判断し、今回は分解を行わず本体に極めて近い位置でケーブルを切断、新品ケーブルを接続する非分解の手法を採用しました。

既存の線材が残っており、接点も増えることから厳密にはリケーブルではございませんが、ケーブル全体をリフレッシュし使用可能な状態に改善する目的は達成されます。

リケーブル修理は通常修理(プラグ交換)より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(500円〜。相場5,000円以上で変動)に加えて特殊修理費(1000円〜上限2000円)とケーブル代(1000円)がかかります。


なおこちらの機種はバランス駆動を前提として4極プラグが採用されております。

今回はオーナー様のご希望により、3極プラグを装着しております。(付属の純正変換ケーブルが不要となります)

プラグ部分を4極プラグに交換し、適切なピンアサインで接続することで元の仕様に戻すことが可能です。

到着:06/30
修理完了:07/09
症状「プラグから15cmの点で損傷箇所あり。この部分の角度によって左チャンネルの音が途切れることがある。」
修理内容「本体付近でケーブルを切断、新品ケーブルの接続・交換(非分解)」
修理結果「修理成功。オーナー様ご自身にテストを行っていただき、音質、外見について問題が無いかご確認いただき、料金お支払いについてご検討いただきます。」

修理後

HiFiMAN製イヤホン・RE-600のケーブル全体の新品交換後の画像です。Jul 10 2015IMG_0646

HiFiMAN製イヤホン・RE-600のケーブル全体の新品交換後の画像です。Jul 10 2015IMG_0647

スポンサーサイト





-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伝力通信

Author:伝力通信
イヤホンの断線修理をやっています!現在、500円~承っております。Yahooオークションに出品しているので、「断線修理」で検索しご落札ください。金髪娘のサムネイルが目印です。

メールアドレスはこちら→ rep@dentwo.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ