FC2ブログ

【修理実績・報告】Logicool(Logitech)製マウス・MX-R(MXレボリューション)の修理【2016年7月12日】

Logicool(Logitech)製マウス・MX-R(MXレボリューション)についての修理報告です。

マウスについては主にチャタリング(※クリックがダブルクリックになる、ドラッグができない)の問題をマイクロスイッチ交換により解決する修理を行っております。

今回はマイクロスイッチではなく、内蔵バッテリーの交換を実施いたしました。

マイクロスイッチの交換と同じくマウスの分解を行います。

到着:06/20(※修理プラン検討開始、パーツの発注開始)
修理完了:07/09
症状「バッテリーの消耗。チャタリング等の問題症状は無し。外部のべたつきあり。内部のホコリ、汚れあり。」
修理内容「分解洗浄、バッテリー交換(L-LY11中古良品・純正バッテリー)、外部カバーのべたつき解消」
修理結果「修理成功。問題無し。」

分解後(洗浄前)

Logicool(Logitech)製マウス・MX-R(MXレボリューション)の分解後の画像です。160709IMG_2909.jpg

MX-Rの分解後の画像です。160709IMG_2910.jpg

Logicool MX-Rの分解後の画像です。160709IMG_2911.jpg

内部にホコリが侵入し、特にホイール部分に皮脂と共に蓄積しています。

ホイールの回転不良の原因となりますのでホコリは取り除きました。

洗浄後


Logicool MX-Rの分解、洗浄後の画像です。ホコリを除去しました。160709IMG_2912.jpg

バッテリー部分

MX-R前期型のバッテリーL-LY11の画像です。160709IMG_2913.jpg

MX-Rは前期型と後期型で採用バッテリーが異なります。

こちらは前期型のため、L-LY11というケーブル付きのバッテリーが内蔵されています。

後期型のL-LL11互換バッテリーは比較的入手が用意ですが、L-LY11については現在入手が難しくなっております。

L-LY11のケーブル部分を切り離し、新品のL-LL11互換バッテリーに接続する形でバッテリー交換を実現することは可能ですが、電源部分ですのでなるべく加工は行わない手法を推奨いたします。

今回はL-LY11バッテリー(純正)の中古良品を用意し、交換しました。


修理後

MX-Rのバッテリー交換修理後の画像です。160709IMG_2914.jpg

MX-Rのバッテリー交換修理後の画像です。160709IMG_2915.jpg

マウス外部のべたつきも除去していますが、外見的な変化はほとんどございません。


今回は中古良品のバッテリーを使用した修理となります。

料金お支払い前にオーナー様に実用テストを行っていただき、バッテリー持ちに改善が認められた場合に料金をお支払いいただく形となります。

改善が認められない場合は別手法を検討、再修理いたします。

スポンサーサイト





-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伝力通信

Author:伝力通信
イヤホンの断線修理をやっています!現在、500円~承っております。Yahooオークションに出品しているので、「断線修理」で検索しご落札ください。金髪娘のサムネイルが目印です。

メールアドレスはこちら→ rep@dentwo.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ