FC2ブログ

【修理実績・報告】オーディオテクニカ製イヤホン・ATH-BT02について

オーディオテクニカ製イヤホン・ATH-BT02についての修理報告です。



今回のイヤホンは通常の有線イヤホンではなく、Bluetooth接続の無線イヤホンとなります。

無線イヤホンはプラグ部分が存在しないため断線しにくいですが、やはりコントローラーボックスから耳元のイヤホン本体を繋ぐケーブルが存在する以上、断線は生じ得ます。



無線イヤホンに限らず、こういったプラグ付近以外の断線の場合、プラグ交換修理ではなく「断線箇所を切除し、線と線を再接続する」特殊修理を行います。

通常修理より多くの時間と素材を用いますので、通常修理費(1000円。相場1万円以上で変動、上限3000円)に加えて特殊修理費(1000円~上限2000円)がかかります。



症状:「左右分岐点で断線。」

修理内容:「特殊修理(断線箇所を切除し、線と線を再接続)」

結果:「修理成功。問題なし。」






断線箇所を除去し、シリコンガラスチューブ、PETチューブ、熱収縮チューブでケーブルを皮膜します。


多くの素材で皮膜することには絶縁、強度確保の意味があります。特に本体付近の場合は再修理が難しいため、強度に関してはかなり頑強にします。


再接続したケーブルの接点は、シリコンガラスチューブとPETチューブを組み合わせて作ったカバーで絶縁・保護します。

この後、ケーブル重量の負荷を受けるポイントにホットボンドを適量塗布してから熱収縮チューブで皮膜します。




修理後

IMG_1557.jpg


スポンサーサイト





-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伝力通信

Author:伝力通信
イヤホンの断線修理をやっています!現在、500円~承っております。Yahooオークションに出品しているので、「断線修理」で検索しご落札ください。金髪娘のサムネイルが目印です。

メールアドレスはこちら→ rep@dentwo.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ