FC2ブログ

【修理実績・報告】オーディオテクニカ製イヤホン・ATH-ANC3について

Audio-Technica製イヤホン・ATH-ANC3についての修理報告です。



症状:「左耳が聞こえない。プラグを曲げると聞こえる。」

修理内容:「プラグ交換。」

結果:「修理成功。問題なし。」


今回はノイズキャンセリング機能を持ったイヤホンの修理でした。


マイク機能やオーディオコントローラー機能といった付属機能を持ったイヤホンは通常の交換用プラグでは対応できません。イヤホンのケーブルは一般的に右耳(R線)、左耳(L線)、GNDといった3本の線で構成されており、当方で採用している交換用プラグも3本の線と接続することを想定しています。

付属機能は一般的に4本目の線を使います。交換用プラグはこれを想定していないので、マイク機能やコントローラー機能を通す4本目の線の受け皿が足りないことから、音の再生機能は復活しますが付属機能は完全に死にます。


この場合、プラグ交換ではなく、ケーブルの断線箇所を除去(切断)し線と線を再接続する修理方法(当方では「特殊修理」と呼称しております)を採用するのですが、こちらは追加費用が発生いたします。



ですが、今回のノイズキャンセリング機能は追加機能ではありますがケーブルそのものは極々汎用的なものでした。後に記載する写真の通り、ノイズキャンセリング機能を擁するユニットに機能が集約してるんですね。当然と言えば当然なのですが(笑)


というわけで、このようなノイズキャンセリングモデルのイヤホンでも通常のプラグ交換修理が適用可能です!イヤホンの価格が1万円以内ですと修理費は1000円ですので、ご検討くださいませ。



以下は修理報告となります。




プラグを曲げる等の簡易診断の結果、断線症状が確認できましたのでプラグを交換しました。


その後、ホットボンドを流しこんで強固に固定しております。ひっぱったりねじったり、といったストレステストもクリアしました。


結果、特に問題なく修理が完了いたしました。


修理後

IMG_0358.jpg



スポンサーサイト





-ご依頼、無料のお見積り・ご相談-
以下のメールフォームをご利用ください。
※メールには基本的に24時間以内にご返信いたします。  2日以上返信が無い場合、迷惑メール判定となっている可能性がございます。お手数ですが当記事のコメント欄にご返信先のメールアドレスをご記載ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伝力通信

Author:伝力通信
イヤホンの断線修理をやっています!現在、500円~承っております。Yahooオークションに出品しているので、「断線修理」で検索しご落札ください。金髪娘のサムネイルが目印です。

メールアドレスはこちら→ rep@dentwo.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ